リラモード(RelaMode)の成分って安全なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リラモードの成分は安全と言われていて、主原料のCBDオイルも使われていて天然と言われていますが、本当なのでしょうか?

 

一部では、リラモードには違法性がある、成分に大麻を使っているという噂もありますが…。

 

>>【初回限定】VAPE付きリラモード 公式サイト

リラモードの成分は大麻だった!?

 

CBDオイルは大麻の成分という噂があります。

 

確かに麻に含有される成分の1つなので、そう言いたくなる気持ちは分かります。

 

しかしだからといって、違法性は全くないのです。

というのも、法律で禁止されている大麻はTHCという成分であり、リラモードはTHCを含んでいません。

 

このためリラモードには全く違法性がないと言えるでしょう。

健康被害がなく、安全なものだと考えて問題ありません。

 

リラモードは煙草と一緒?

リラモード タバコ

リラモードは煙草と同じものではありません。

用途は煙草のようにリラックス・リフレッシュ効果を期待して吸うものですが、煙草とは含んでいる成分自体が違いますし、煙草のように依存性もありません。

 

電子タバコを吸う時は、一般的に「Vape」という電子たばこが必要なのですが、国内で売られているリラモードのようなVape用リキッドには、ニコチンは含まれていません。

 

煙草と言えばニコチンが含有されていることでも知られていますが、リラモードには一切含まれていないということですね!

 

ニコチンは非常に中毒性が高く、健康被害も懸念される成分です。

 

だからこそ煙草は肺に悪いなど健康被害があり、人体に悪い影響を与えると考えられているのです。

 

ニコチンを含む煙草は不健康でネガティブな印象がありますが、それに対してリラモードにはニコチンが含まれず、安全にできているので心配いりません。

 

 

また、リラモードには3種類のフレーバーがあり、蒸気を吸引して楽しむものです。

煙草のような独特な香りもなく、むしろフルーツのいい香りがして爽やかです。

 

WHOにも認められた安全な成分

CBDオイル WHO

2017年11月に発表されたWHO(世界保健機関)の報告書では、CBDオイルは乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さないとして、安全性が認められています。

 

世界アンチ・ドーピング機関による2018年禁止表国際基準でも、CBDオイルは薬物リストから除外されているのです。それくらい安全性が認められているとういことですね!

 

これに対し、法律で禁止されていて認められていないのは、先ほども述べたように、陶酔作用の強いTHCという大麻の成分です。

 

リラモードには含有されていないので、リラモードは安全なリキッドだと言えます。

 

リラモード(RelaMode)を使ってどうだった!?

 

「特にトラブルなく、毎日楽しめています。

陶酔感もないです。ただ本当に気分がリラックスする感じで、煙草を吸っていた頃と似た気持ち良さです。

でも煙草のように健康被害の心配がいらないのは助かっています。

 

 

「リラモードと出会うまではヘビースモーカーでした。

煙草は自分だけの問題ではなく、煙を吸った家族にも悪影響が出てしまうので、本気で禁煙しようと決心。

リラモードはヘルシーだし、香りもいいので家族も安心しています。」

 

口コミでの評判もいいみたいですね。

 

とりあえずリラモードを試してみたいという人は、公式サイトで購入してみるといいかもしれません。

 

>>【初回限定】VAPE付きリラモード 公式サイト

(クリックしてもリンクが切れていたら、キャンペーンは終了しています)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*